【NEW限定品】 HD-TVI防雨型赤外線付き210万画素カメラ アイティーエス(ITS) IT ITC-DG206XN-防犯カメラ単体













●既存のケーブルをそのまま使える最先端のフルHDシステム「HD-TVI」
今までのフルHDのカメラシステムはケーブルが5CFBを使用しなければいけないなどの制約がありました。
最先端のフルHDシステム「HD-TVI」は既存の同軸ケーブルをそのまま使用する事が出来ます。
アナログカメラからフルHDに移行する際に、ケーブルの引き直しをすることなくカメラの入れ替えをすることが出来ます。
その為、ケーブルの配線工事費などを大幅に削減することが出来ます。
※このカメラを使用するにはHD-TVI専用の録画機が必要です。

●約210万画素1/2.9インチCMOS搭載
最新の約210万画素 1/2.9インチCMOSセンサー搭載する事によりフルHD(1080P)の映像出力を可能にしました。
●2.8mm~12mmバリフォーカルレンズ搭載
2.8~12mmのバリフォーカルレンズを搭載しておりますので、設置環境に合わせた画角に調整が可能です。
●レンズの調整は外から可能
レンズ調整ネジは裏に付いているので、わざわざ本体を開けて設定する手間がはぶけました。
調整はドライバーで行います。
●赤外線照射距離は最大約20m
赤外線LEDを24個搭載し赤外線照射距離は最大約20mです。
●防水規格IP66相当の防雨型
雨の直接雨のかかる場所にも設置する事ができます。
●ケーブル収納式ブラケット採用
映像・電源ケーブルをブラケット内に収納しました。
それにより、侵入者などにケーブルを切られてしまうなどが回避されます。
●多彩な画角調整
下図の通り、球体の本体が土台の上に固定して、取り付けカバーで固定します。
土台の上でカメラが回転させにカメラの向きの調整します。
●詳細設定が可能なDCCS機能
当社販売のTVI-DVR「ITV-DG1004/ITV-DG1008」を使用することにより本機の詳細設定をすることが出来ます。

※カメラ単体では設定できません。
※OSDは出荷時のバージョンにより写真と異なる場合がございます。

仕様
【撮像素子】1/2.9インチ CMOSイメージセンサー
【有効画素数】約210万画素 1930(H)×1088(V)
【水平解像度】1080P @ 30fps
【最低被写体照度】0.1Lux / 0Lux(赤外線ON時)
【S/N比】48dB以上
【電子シャッター】自動(1/30~1/33,750)
【レンズ】f2.8mm~12mm / F1.4~F2.8
【画角】広角時:103°(水平)/54°(垂直)/122°(対角)
望遠時:31°(水平)/17°(垂直)/36°(対角)
【赤外線LED】24個
【赤外線有効距離】最大約20m
【デイ・ナイトモード】有
【ホワイトバランス】AUTO / INDOOR / OUTDOOR / USER
【AGC】High / Middle / Low / Off
【シャープネス】調整可
【アイリスモード】AES
【防水規格】IP66相当
【映像出力】1.0 Vp-p コンポジット 75Ω BNC
【使用環境温度】-20℃~40℃
【電源】DC12V / 1A
【消費電力】210mA(赤外線OFF) / 430mA(赤外線ON)
【寸法】約138(φ)×100(L)mm
【保証】1年間
【JANコード】4571275945816
【セット内容】本体、ACアダプター、取付ビス、取扱説明書

仕様は予告無く変更する場合がございます。
記事全文

【NEW限定品】 HD-TVI防雨型赤外線付き210万画素カメラ アイティーエス(ITS) IT ITC-DG206XN-防犯カメラ単体

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

Bushnell 監視カメラ“6MP Wifi サービュランスカム” 119519 8193402。[さらに詳しく

【NEW限定品】 HD-TVI防雨型赤外線付き210万画素カメラ アイティーエス(ITS) IT ITC-DG206XN-防犯カメラ単体

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【NEW限定品】 HD-TVI防雨型赤外線付き210万画素カメラ アイティーエス(ITS) IT ITC-DG206XN-防犯カメラ単体

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文